腐女子

【腐女子】70歳で腐覚醒した104歳の貴腐人俳人がBL俳句同人に参加

公開日: 2014年1月3日
更新日: 2015年10月30日

 

104歳の現役俳人・金原まさ子さんが、最近は30代女性が中心のBL(ボーイズラブ)俳句誌にも参加しているそうです。

以前102歳の際に取り上げさせていただいた金原まさ子さんですが、今なお現役で活躍されていると知って胸が熱くなる思いです。

 

 


以下、前回までの記事


【腐女子】102歳、世界最高齢腐女子の「尽きぬ興味 色褪せぬ情熱」

 

 


『男色大鑑』『世界の奇書』などが並ぶ本棚。句を書く糧となる

 

 

御年102歳。俳人の金原まさ子さん(長浜在住)は一日一句を作り、自身のブログで発表している。更新はほぼ毎日。100歳から始めたブログには毎日100人前後のアクセスがある。

 「エスカルゴ三匹食べて三匹嘔(は)く」「女王蟻死す立棺を用意せよ」「菜の花月夜ですよネコが死ぬ夜ですよ」…ブログにはいわゆる「アブノーマル」だと自己分析する句が並ぶ。

 近所の俳句会に誘われたのがきっかけで、49歳から俳句を書き始めた。かつては古い俳人の句集を読み漁って歴史的仮名遣いを学び「綺麗な俳句」を作っていたという。しかし、ある時期から「あなたの作品、意味わかんない」と言われる作風に変わっていった。それは夫との死別、そして一つの映画作品との出会いがきっかけだった。

 

「戦メリ」との出会い

 

 「清く正しくを第一に、真面目に生きてきました」という。生来曲がったことが嫌いで、18歳の頃に読んだ谷崎潤一郎『痴人の愛』の主人公の態度に憤慨したことは、忘れられない記憶。「女に翻弄され簡単についていく主人公を、心から軽蔑した」という。

 結婚して以降も「立派な妻」を務めあげてきた。貧しかった戦争の時代も「正しい母」であり続けた。約70年間続けてきた品行方正な性分は、73歳で夫と死別したのをきっかけに、まるで鎖を外されたかのようにガラリと変わる。「気兼ねなく、興味の赴くまま小説や映画を貪る生活をしていました。そんなとき『戦場のメリークリスマス』に出会ったんです」。

 坂本龍一演じる”ヨノイ”の頬に、デヴィッド・ボウイ演じる”セリアズ”が接吻する姿を見て興奮。「この世にこんな美しい世界があったのか」と幸福気分を味わったという。「『戦メリ』を皮切りに、ホモセクシャルをはじめとした”アブノーマル”な世界に没入していきました」と話す

 いったん鎖が外れ身軽になった体は、それ以降、アブノーマルな世界をさまよい続けた。本棚には三島由紀夫、寺山修二、澁澤龍彦らの作品や『世界の奇書』や『男色大鑑』、さらに「BL(ボーイズラブ)小説」などが並ぶ。BLをこよなく愛する女性をネットスラングで「腐女子」というが、金原さんはまさに「世界最高齢腐女子」。「こういう熱意が、長生きの秘訣かもしれません」とほほ笑む

 

目標は美容整形

 

 アブノーマルな世界を熱く語りつつも、一方で「ミーハー」な面も見せる。「このまえ来たケネディ駐日アメリカ大使の息子、イケメンで見とれちゃった。最近のお気に入りは栗原類。AKB48も可愛くて見ているのが大好き」。その口ぶりはまるで女子高校生の日常会話のよう。「世の中のことがみんな不思議で面白いの。だからこそ長生きしなきゃいけないです」という。

 「目標は東京五輪を見に行くこと。その前に宝くじを当てて、美容整形。どれくらい若くなるか試さなきゃ」。興味の尽きぬその目はキラキラと輝いて見える。

 


 

 

Twitter上の反応

 

句がもう、なんか若い

 

うーん!!まいった!!最高!!

 

腐女子歴30年以上とは( ・o・)ハッ

 

この俳人さんの心意気を見てたらオバンギャ(精々30〜40代)も「最近のバンドなんでわかんないもの(プイ)」とか食わず嫌いばかりしてちゃいけないのだと思う

 

すげぇ!大先輩や!

 

「なぜ? 80や90になって若気の至りをやってはいけないの?」と、故・岡本 敏子さんも言ってたしね♪

 

すごい素敵だと思う
 

 

敬意を込めて腐死鳥と呼ばせていただきたく…

 

金原まさ子さんとは被りっぽなしだな。
わたしも「痴人の愛」(特に映画)が大大大嫌いです!!!!

 

うおおおおおこういうおばあちゃんになりたい! 私、確実に死ぬまで腐女子だけど!

 

地元に102歳の貴腐人が…

 

私もこうなりたいな~♡

 

自分を貫き通す強さと美しさに敬礼っ! (>Д<)ゝ”

 

年齢関係ないものですなぁ。
ってか戦クリみてないんだが(映画は見る機会あっても寝てしまうので、苦手ジャンル)BL映画だったのかー。そうかー。そうかー。

 

腐ってるのはさておきもし長生きする事があればこういうばーちゃんになりたい…

 

私、こういう老女になりたい……間違っても万人受けする「可愛いお婆ちゃん」になんかなりたくない……

 

確かにこんなおばあちゃんになりたい!かっこいいなー

 

フリーダムおばあちゃまは貴腐人と呼びたまへよ 生き甲斐があるって素晴らしいことだ 一言だけ言うなら同性愛は「アブノーマル」じゃねえよ

 

40~50代の主婦がBLに目覚めるというエピソードは……、70代は初めて聞くわ。

 

なんか勇気が湧くお話だなあ。佐野洋子さんの「だってだってのおばあさん」を思い出した。

 

腐女子などと失礼な・・この人は「本物」だ。敬礼。

 

まさに貴腐人のかがみ…! でも戦メリで目覚めた方ってホントに多いんですねえ。講演会して頂きたい…。

 

ここまでさらけだせると才能も相まって尊敬するな


 

戦場のメリークリスマス 予告編

 

 


あらすじ

 

1942年、日本統治下にあるジャワ島レバクセンバタの日本軍俘虜収容所で、朝鮮人軍属カネモト(ジョニー大倉)がオランダの男性兵デ・ヨンを犯す。日本語を解する俘虜(捕虜)の英国陸軍中佐ジョン・ロレンス(トム・コンティ)は、ともに事件処理にあたった粗暴な軍曹ハラ(ビートたけし)と奇妙な友情で結ばれていく。
一方、ハラの上司で所長の陸軍大尉ヨノイ(坂本龍一)は、日本軍の背後に空挺降下し、輸送隊を襲撃した末に俘虜となった陸軍少佐ジャック・セリアズ(デヴィッド・ボウイ)を預かることになり、その反抗的な態度に悩まされながらも彼に魅せられてゆく。

同時にカネモトとデ・ヨンの事件処理と俘虜たちの情報を巡り、プライドに拘る空軍大佐(英語版)の俘虜長ヒックスリー(ジャック・トンプソン)と衝突する。東洋と西洋の宗教観、道徳観、組織論が違う中、各人に運命から届けられたクリスマスの贈りものが待っていた。

 

wikiで読む

 

関連記事

  1. 【商業BL】アラブ、両性具有、オネェ系…苦手ジャンルだけど、この…
  2. 【2ch】男友達に告白されたんだがwwwwwwwwwww
  3. 【話題】本屋さんでBLを買うときの恥ずかしいエピソードは?
  4. 【話題】おじさん好きには堪らない一冊「オジサンの描き方」がスゴイ…
  5. 【勝手に輝いていたレス大賞in801】「やおい」であいうえお作文…
  6. 【商業BL】主人公が攻めで受けから愛される小説
  7. 【腐女子】本当にカプ違いで喧嘩って起きる?
  8. 【画像】ときめきメモリアルでデートしないで筋トレし続けると外井(…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気記事 PICK UP!

【その1】BLっぽい一般小説 特集 【2ch】何で急にアニメ好きが増えたの? 【2ch】BLを読む男っているの?【腐男子】

特集記事

アーカイブ

あんさんぶるスターズ!

カテゴリー記事一覧

おすすめ記事

真夜中のオルフェ

真夜中のオルフェ

PAGE TOP