BL作品紹介

【商業BL】オヤジ萌えな人必見!のBLマンガランキング

 

今、若い女子の間ではとにかく“オヤジ”が熱い!
一昔前まではオヤジに見向きもしなかった若き乙女達も、今は中年のオヤジ達を恋の相手に選ぶような時代.…と、いうことは? もちろんBL業界でも、オヤジ萌えは爆発的に盛り上がりを見せている。そこで今回は、腐女子ライター・葉菜さんに、さまざまなオヤジ達の魅力にクラクラきそうなオヤジBLベスト5を選んでもらった。

 

 

■1位 『飴と鞭』 (内田カヲル/竹書房)

 

飴と鞭 (バンブーコミックス 麗人セレクション)

 

すごい。どのページをめくってもオヤジが満載。これはもうオヤジ好きにはたまらない作品であること間違いなしです。見た目から性格から仕草から、もうどこからどう見ても「オヤジ!」って感じなのが最高です。外見が青年のオヤジではお話にならない、本物のオヤジだからこそいいんじゃないか、っていう人にオススメですよ。

 

 

■2位 『ポラリスベル』(テラシマ/東京漫画社)

 

ポラリスベル (マーブルコミックス)

 

星と電車をテーマにした、BLと呼んでいいのかも戸惑うほどの純愛漫画。あることをきっかけに、車掌のおじさん(しかも元彼女の父親!)に恋心を抱いてしまった男子学生。決して伝えることのない、伝わることのない想いを胸に、ささやかな手紙を交わす2人の姿には切なさと優しさを感じちゃいました。ラブ度は低いけど、じわっと染みるお話です。

 

 

■3位 『恥しらずな夜』(直野儚羅/竹書房)

 

恥しらずな夜 (バンブーコミックス 麗人セレクション)

 

短編を集めた作品のうち、正式には2作品だけオヤジキャラメインの話があるのですが…どちらもすごくリアルにいそうなオヤジなんですよ! いかにも昔気質といった雰囲気のオヤジと、ほんわか穏やかだけど全盛期はバリバリでしたってタイプのオヤジ。どちらも大変格好よくて、見ているだけで胸が高鳴ります。そりゃ男も惚れますよね!

 

 

■4位 『君さえいれば…』(鹿乃しうこ/竹書房)

 

君さえいれば… (バンブーコミックス 麗人セレクション)

 

オヤジと呼ぶのも憚れる、ナイスミドルなおじ様が登場するこの作品。2人の関係は義父と娘婿。既に母と娘は亡く、2人だけで身を寄せ合い生活する日々…。義父と娘婿という禁断の関係を持ちながら、2人なりに幸せに楽しくやっている姿には心が震えます。しかし、この作者の描くおじ様は本当に素敵すぎてドキドキしてしまう…!

 

 

■5位 『オヤジ拾いました。』(三島一彦/角川書店)

 

オヤジ拾いました。 (あすかコミックスCL-DX)

 

「あれ、オヤジ可愛くないか?」それが読んだ瞬間の感想でした。バツイチのリーマンオヤジが行き倒れているのを、超金持ちな高校生男子がひと目惚れして拾ったことから話が始まるのですが、とにかくオヤジが可愛い。高校生の若さ故の直球っぷりに弱くて、「俺オヤジだぞ!?」とかなっている所が大変よろしい。そりゃこんなオヤジは拾って飼いたくなるものです。私にください。

 

(ダ・ヴィンチ電子ナビ「○○な本ベスト5」より)


引用元:http://news.nicovideo.jp/watch/nw365774

 

 

■ツイートまとめ

 

@tsukuda_2
4位5位が気になる

 

@dounattendayo
なんと…!

 

@maria_inri
4位と5位が超気になる・・・!!

 

@ichijoh5104
個人的に5位が気になる

 

@wasabitomato
ほう。。

 

@DQNnamemochi ・・・
あのさ(´;ω;`)

 

@shinonome_3stt
俺 得 !!!

 

@gantai03
面白そうだw読んでみようw


引用元:http://news.nicovideo.jp/watch/nw365774

 

関連記事

【商業BL】おじさんの出てくるオススメのBL漫画は?

 

 

関連記事

  1. 【商業BL】伏線の張り方、回収が上手い漫画・小説
  2. 【Renta!】スタッフが選ぶ!次に何を読めばいいかわからない……
  3. 【商業BL】ノンケ×ノンケ(お互いに初めて男を好きになった)作品…
  4. 【商業BL】巫女系のBLを集めてみた:約30冊
  5. 【紹介】夫の浮気相手は男!? 不倫BLという不思議な世界
  6. 【BLフリーゲーム】ヤンデレな男の娘とのラブラブライフ「ヤンデレ…
  7. 【商業BL】おすすめのフェラシーンのあるBLコミック
  8. 【商業BL】外国人×日本人のコミックや小説【紹介】

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Mr.Jellyfish

Mr.Jellyfish

人気記事 PICK UP!

【話題】ブロッコリー・オトメイト・芳文社・小学館…「二次創作禁止」のガイドラインとは 【10選】BL初心者に対するBL布教作品 海外で「腐女子」「やおい」「801」はどのようなイメージとして捉えられているのか?

特集記事

アーカイブ

二人の…クリーム…

二人の…クリーム…

カテゴリー記事一覧

おすすめ記事

PAGE TOP