BL作品紹介

【商業BL】芸人のコンビ愛がよーくわかる!? 芸人BLが熱い!

 

ダ・ヴィンチさんはよくBL関連の紹介記事を描いてくださるので本当に面白いです。
一度読んだ本でも、違う側面からの紹介文に感心させられてしまうこともしばしば。

そして今回は、HE MANZAI 2013決勝戦が15日に行われる事に関連して、「芸人のコンビ愛がよーくわかる!? 芸人BLが熱い!」という特集を組んでくださっていました。

 

 


 

 THE MANZAI 2013決勝戦の組み合わせが12月1日に発表され、15日に行われる決勝を楽しみにしている人も多いだろう。M-1とは違い、THE MANZAIには芸歴の制限がないので、もしかしたら家族や恋人よりも長い時間を共に過ごしているというコンビもいるかもしれない。友だちではないけど、家族でもないし単なる同僚とも違う。そんな芸人の相方は、とても不思議な絆でつながっている。そのうえ、ボケとツッコミという関係性がハッキリしていることもあり、BL界でも芸人モノの人気は高い。そこで、『おまえとダイナマイト!!』(鬼嶋兵伍/オークラ出版)や『リアルロマンチスト』(楢崎ねねこ/海王社)、『相々・散々に笑い』(碗 島子/ふゅーじょんぷろだくと)などから、いろんな芸人の関係性を紹介してみよう。

 

 まず、『おまえとダイナマイト!!』には、しゃべり担当のカミヤと体を張る肉体担当のアシナが組んだ「いいな☆ザにんげん」というコンビ芸人が登場する。

おまえとダイナマイト!! (オークラコミックス)

 

リアクション芸人である彼らにとって、「乳首に痛い系」「尻に打撃系」は外せない仕事。それなのに、アシナは「人前でやられてカンジちゃう」のだ。だから、アシナは自分が一緒にいると迷惑をかけるので「おれたち…もう解散したほうが……っ」と弱音をはく。それに対して、カミヤは「ダメなら大丈夫なように特訓すんだよッ俺らは2人で“いなにん”だろ!!」「お前のヘンタイだってやりようによっちゃ武器になる」。「俺がお前を面白くしてやる」と励まし、実際にアシナの腕を足で羽交い締めして、乳首に洗濯バサミをつける特訓をするのだ。やはり、自分のためだけではなく、これくらいお互いのことを思いあっていないと何年もコンビなど続けられないのだろう。

 

 また、『リアルロマンチスト』に登場する「ピーマンチョコチップ」は、お笑いコンテスト優勝後にブレイクしたコンビ。

リアルロマンチスト (GUSH COMICS)

 

恋愛関係になるのは、ピーマンチョコチップのボケ・高田とその同級生で元彼でもあるアナウンサーの朝倉なのだが、高田とツッコミの城田との関係もなかなかおいしい。朝倉と再会した高田は、養成所に入って城田とコンビを組んだとき「楽しいて楽しいてお前のことなんかすっかり忘れとった」そう。一方、城田もお笑いはもちろん高田のことも大切に思っていたので、テレビに出始めても「俺ら漫才師やから劇場立って直にお客さん笑わす漫才をお前とやっとる方が楽しいわ」と笑顔で話す。それに、高田と朝倉がギクシャクしていると城田は朝倉を連れ出し「恋愛を仕事に持ち込むんやめてんか」と説教する。「恋人とちごて相方はそうそう換えがきかんのや」「俺は高田の笑いの才能に惚れてコンビ組んだんや せやからあいつが潰れてくんは見たないねん」と、相方の好きな相手にも口を出す。プライベートには口出ししないけど、仕事が絡むときちんとけじめをつけるし、相方の尻拭いまでするところを見ると、やはり恋人とは違うがそれと同等、あるいはそれ以上のつながりを感じる。

 

 そして、人をおちょくったり嫌がらせしたりするのが大好きなボケの蜂谷と、彼に振り回されるツッコミの津田が出てくるのは『相々・散々に笑い』。

相々・散々に笑い (POE BACKS Babyコミックス)

 

「パラボラ」というコンビを組んでいる彼らだが、津田は観客より誰よりハチの笑いが獲れたら嬉しいと思っており、稽古中も「こいつの隣に立てるのが俺で良かった」と感慨にふける。蜂谷が俳優に犯されそうになれば急いで駆けつけ、ときに「お前との3年を無にしたくはねぇ」「お前の性格の悪さも芸人にとっちゃ長所になるしそれフォロー入れんのは俺の役目で良い」と熱い思いもぶつける。でも、舞台の上と下といったように、オンとオフのボーダーがほしいと思っていた津田とは違い、いついかなるときも笑いと津田に対して貪欲だったのが蜂谷だ。津田が構ってくれないと「客がいなくても俺がボケたらお前が突っ込めよ」「もっと愛せよ俺をッ」と公衆の面前で叫ぶ。そのうえ、津田の反応を見たくて風邪で寝込んだ彼にキスし、「十年後も二十年後もずっとお前の隣に居たい」と囁くのだ。ただ、その言葉に嘘はなく、「相方なんだから十年後も二十年後もその先もずっと隣に居るに決まってんだろ」「“相方”の“あい”は“相思相愛”の“あい”だなっ」と言って笑う。どちらか一方ではなく、しかも同じくらいの熱量で“あい”しあっていなければ成り立たない。

 

 こんな関係性が生まれるのは、やはり芸人くらいなもの。この不思議で甘い組み合わせを見て、腐女子が萌えないはずないのだ。

 

文=小里樹

 


 

 

芸人BL…実はまだ一冊も読んでないです
これを機に購入しようかな

 

 

コンビ・ピン……とにかく芸人BLを集めてみた

 

  • 別れる2人の愛の劇場。 (マーブルコミックス)
  • 隣人はドアを叩く (ディアプラス・コミックス)
  • 僕の愛の劇場 (マーブルコミックス)
  • 恋続アンビバレンツ (アクアコミックス)
  • イジって★ラブ芸 (Feelコミックス ボーイズDuoセレクション)
  • それは言わない約束だろう (ディアプラス文庫)
  • 君ガ大スキライ (ディアプラス文庫)
  • 月も星もない (1) (ディアプラス文庫)
  • 身代わり王子の純愛 (ダリア文庫)

 

関連記事

  1. 【BL漫画】綺麗な泣き顔切ない泣き顔等の泣き顔ベストは?
  2. 【BL小説】火崎勇先生の作品でどれが好き?男前受けが多い印象
  3. 【BL小説】個人的2013年の小説ベスト3【紹介】
  4. 【商業BL】おすすめのフェラシーンのあるBLコミック
  5. 【画像】BL本の帯がかなりカオスな件について part3
  6. 【商業BL】攻め視点もしくは両視点の小説
  7. 【商業BL】当て馬が愛しくなる作品をご存知ですか?
  8. 【商業BL】刑事もの、推理要素のあるBL小説

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

エンタメ

アーカイブ

あんさんぶるスターズ!

発売情報

禁断の感度

禁断の感度

素材提供

PAGE TOP