イベント・コラボ・フェア

【1/31:先着40名】特別企画「渋谷の書店員3人による2019年下半期文芸書ベスト3と、小説家・凪良ゆうさんについて語る。」

 

2019年下半期を彩った文芸書について、渋谷地区の各書店所属の文芸書担当者3人が縦横無尽に語りつく当企画。トーク後半には『流浪の月』『わたしの美しい庭』など、今注目されている小説家・凪良ゆうさんの魅力について、刊行元の東京創元社、ポプラ社の担当編集、営業の方をお迎えしてお話しいたします。

 

概要

開催日:2020年1月31日(金)18:30~20:30頃
開催時間:18:30~20:30頃 (開場 18:00・入出場可)※時間前の集合はご遠慮ください。
会場:大盛堂書店3Fイベントスペース (渋谷)
参加費:無料 (先着40名)・自由席

<登壇者>※凪良さんのご登壇はありません。
勝間準(MARUZEN&ジュンク堂書店渋谷店)
竹田勇生(紀伊國屋書店西武渋谷店)
東京創元社、ポプラ社各担当編集・営業 山本亮(大盛堂書店・司会)

 

詳細・注意事項はこちらよりご確認ください

 

せっかくの善意をわたしは捨てていく。
そんなものでは、わたしはかけらも救われない。
愛ではない。けれどそばにいたい。
新しい人間関係への旅立ちを描き、
実力派作家が遺憾なく本領を発揮した、息をのむ傑作小説。

あなたと共にいることを、世界中の誰もが反対し、批判するはずだ。わたしを心配するからこそ、誰もがわたしの話に耳を傾けないだろう。それでも文、わたしはあなたのそばにいたい――。再会すべきではなかったかもしれない男女がもう一度出会ったとき、運命は周囲の人間を巻き込みながら疾走を始める。新しい人間関係への旅立ちを描き、実力派作家が遺憾なく本領を発揮した、息をのむ傑作小説。

 

マンションの屋上庭園の奥にある「縁切り神社」。
そこを訪れる<生きづらさ>を抱えた人たちと、「わたし」の物語。
『流浪の月』の凪良ゆうが贈る、救いに満ちた感動作!

<内容紹介>
小学生の百音と統理はふたり暮らし。朝になると同じマンションに住む路有が遊びにきて、三人でご飯を食べる。
百音と統理は血がつながっていない。その生活を“変わっている”という人もいるけれど、日々楽しく過ごしている。
三人が住むマンションの屋上。そこには小さな神社があり、統理が管理をしている。
地元の人からは『屋上神社』とか『縁切りさん』と気安く呼ばれていて、断ち物の神さまが祀られている。
悪癖、気鬱となる悪いご縁、すべてを断ち切ってくれるといい、“いろんなもの”が心に絡んでしまった人がやってくるが――

関連記事

  1. 【11月9日から】一穂ミチ先生 × グラッテのコラボが開催!
  2. 【4/2〜】北畠あけ乃『彼と彼らの243分』発売記念 複製原画展…
  3. 1/22まで『CRAFT』リニューアル記念 ハッシュタグ企画開催…
  4. 【11/18~12/19】鈴丸みんた先生 カフェ&ギャラリー 『…
  5. とらのあな、“豪華プレゼントCP”や”業界最安 送料割引CP”な…
  6. 【あなカレ】スマホ向けBLゲームアプリ『啼骸の鳥』出演声優のサイ…
  7. うり『悪魔はファンシーアレルギー』発売記念★複製原画展示
  8. 【8/31まで】シャルルコミックス感謝フェア開催中!人気作家によ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

隠し神の輿入れ

隠し神の輿入れ

エンタメ

アーカイブ

はなれがたいけもの【イラスト入り】

はなれがたいけもの【イラスト入り】

発売情報

素材提供

PAGE TOP