イベント・コラボ・フェア

【7/25から】デビュー50周年記念「萩尾望都 ポーの一族展」開催!

 

少女まんがに革新をもたらした萩尾望都先生が今年、デビュー50周年を迎えます。
バンパネラ(吸血鬼)として永遠の旅を続ける少年を描いた代表作「ポーの一族」を中心に、貴重な原画で創作の軌跡をたどる『ポーの一族展』が東京と大阪で開催されます。
1970年代の発表時から多くの読者を魅了してきた本シリーズ。昨年上演された宝塚歌劇版の衣装などもあわせて紹介します。(フラワーズ公式HPより)

 

 

【開催期間】
東京・松屋銀座:2019年7月25日(木)~ 2019年8月6日(火)
大阪・阪急うめだ本店:2019年12月4日(水)~ 16日(月)

入場料
一般1,000円、高校生700円、中学生500円、小学生300円

前売券
一般700円、高校生500円、中学生400円、小学生300円

発売情報
前売券はヤフーパスマーケット、ローソンチケット、セブンイレブンにて6月1日(土)から7月24日(水)まで販売。

 

詳細・注意事項はこちらよりご確認ください

 

ポーの一族 1

ポーの一族 1

1880年ごろ、とある海辺の街をポーツネル男爵一家が訪れた。
ロンドンから来たという彼らのことはすぐに市内で評判になった。
男爵夫妻とその子供たち、エドガーとメリーベル兄妹の4人は田舎町には似つかわしくない気品をただよわせていたのだ。
彼らを見たものはまるで一枚の完璧な絵を見るような感慨にとらわれた。
実は、その美しさは時の流れから外れた魔性の美。彼らは人の生血を吸うバンパネラ「ポーの一族」であった。
市の外れに家を借りた一家は、人間のふりをしながら一族に迎え入れるべき者を探し始めた。
そして、エドガーが興味をひかれたのが、市で一番の貿易商の子息であるアラン・トワイライトだった…。

 

関連記事

  1. 【サークル参加申込:7/7まで】一次創作BLオンリーイベント『B…
  2. 【12/24~】『恋するインテリジェンス』×「Gratte」第2…
  3. 【honto】最大10,000円分!図書カードネットギフトプレゼ…
  4. 【11/30まで】スカーレット・ベリ子『ジェラシー④』の発売記念…
  5. 【申込: 6/13(木)23:59まで】basso先生「となりに…
  6. 【抽選受付:5月27日(月)まで】蔓沢つた子「好物は真夜中のうち…
  7. 【4/30まで】ウノハナ待望の新刊「社長蓮実瑶 逮捕寸前!」が紙…
  8. 佳門サエコ「ふたりの息子に狙われています③」「ふたりの息子に狙わ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

エンタメ

アーカイブ

ヘヴンズトリガー【イラスト入り】

ヘヴンズトリガー【イラスト入り】

あんさんぶるスターズ!

発売情報

素材提供

PAGE TOP
Translate »