注目の記事 PICK UP!

【海外】ロバート・ダウニー・Jr.がエゴサーチで見つけたBL画像を自ら投稿したと話題に

映画.com ニュース]より

ロバート・ダウニー・Jr. が、自分の名前をGoogleで検索し、そこで見つけたファンアートの画像を自身のFacebookにアップして話題を呼んでいる。

画像は、2本の柱に両手首を縛りつけられ、身動きの取れない状態のダウニー・Jr. 扮する「アイアンマン」のトニー・スタークを、背後からトム・ヒドルストン扮する「マイティ・ソー」のロキが抱きしめ、耳元で何かささやいているという設定の、同性愛要素のあるいわゆるBL画像だ。

ダウニー・Jr. は、「自分の名前を検索するとこういうことが起きるんだよ、子どもたち」のコメントともに画像を投稿しており、この状況を楽しんでいるようだ。

近年、インターネットの普及とともに、ファンアートやファンフィクションをその対象となった著名人が実際に目にすることが増えている。また「フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ」のように、「トワイライト」シリーズのファンフィクションとして始まった小説が大ベストセラーとなり、やがて映画化されるケースもある。

 


画像はfacebookページより

HA! This is what happens when you google yourself, kids...」
(自分の名前を検索するとこういうことが起きるんだよ、子どもたち)

 

【Twitter上の反応】

@fixedbutbroken
色々と思う所はあるが、とりあえず日本の腐女子達の「検索避け」はすごく良い事だったのではないだろうかと思った。

@MasamiT
『「自分の名前を検索するとこういうことが起きるんだよ、子どもたち」のコメントともに画像を投稿しており、この状況を楽しんでいるようだ。』余裕ありすぎでしょこの人wwww

‏@NeppuAniki
や、やめたげて!そ、そっとしといて!
(ソー×アイアンマンなんだ)

@kuranos4531
写真の注釈で草が我慢できなかった

@mitsumitz
これまでもFacebookでファンアートとかコスプレをよくアップしていたロバート・ダウニーJr.がついに昨日ガチBLをポスト・・・インターネット恐ろしい。

@rai_asa
全ナマモノ者が凍りつくような話だな……。海外では検索避けとかしないのかなー?

@sui_gin
ダウニーが晒したBL絵見てきたけど、これ写真だろ…というレベルのリアル絵だった…なんか海外っていろいろすげーなという底辺ボキャブラリーな感想しか出てこねぇ…!

@usami_san
恐ろしい時代になったものだよ……

@fuutenki2004
色んな意味でやはり偉大(´・ω・`)

@Ryouya246
書いた本人は今頃・・・

@3shou
自分のことじゃないのにこんなにいたはたまれないとは。

@poppokocho
腐女子は世界共通だった…

@ponette83
上級者だな…アイアンマンでもBLできるんか…(^∇^)


 

有名人ともなると、こういうことって多そうだ…。
前に紹介した「【海外】ドラマ「ハンニバル」クリエイター、同性愛要素ある2次創作も大いに歓迎!」の出演者たちは、こういう覚悟をもっているんだろうか

 

[ムービー・マスターピース]「アベンジャーズ」1/6スケールフィギュア アイアンマン・マーク7

関連記事

  1. 【マスコミ】 「今どきの女性オタクは、2次元彼氏に夢中」…フジテレビ「Mr.サンデー」が特集→怒りの…

  2. この春一番ピュアなおっさん同士の恋愛ドラマ『おっさんずラブ』が待望の連ドラ化!4月21日(土)より放…

  3. 【CD】武将夫婦の恋愛オムニバスを『男性声優のみ』でドラマCD化!なんとあの人が女性キャラ役!

  4. かっこいいけど超痛い!残念なイケメン「漫画キャラ」!

  5. 【話題】テニスの王子様のキャラクターが中学生に見えない?!その理由は…!

  6. 岩本薫×蓮川愛 「Prince of Silva シウヴァシリーズ」特設サイト更新!壁紙プレゼント、…

  7. 「尻にうなぎが」病院駆け込む、医師や看護師も「うなぎは初めて」

  8. 【エヴァ】シンジ君のアレをイメージした「最低だ…」という名前のカクテルが話題に

  9. 【海外】ムキムキの人気男性コスプレイヤー 突如セーラームーンのコスプレをしてフォロワーが激減する

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気記事 PICK UP!

  1. 【黒子受け・赤司受け】秘密をこっそり覗けるアンソロジー「Keyシリーズ」登場!服…
  2. 【話題】おじさん好きには堪らない一冊「オジサンの描き方」がスゴイ!
  3. 海外で「腐女子」「やおい」「801」はどのようなイメージとして捉えられているのか…

特集記事

アーカイブ

文豪とアルケミスト

人気記事

おすすめ記事

Twitter