デジタル化セット


【Whisper】自分が「ゲイであることに気づいた瞬間」

10437336_1010497585691008_1363796896160052117_n
画像元:“I’m homosexual and I’m afraid about… – Humans of New York | Facebook

 

 

多くのゲイには『自分がゲイであると気づく瞬間』があると思います。
そんな、ゲイ達が「自分がゲイだと気づいた瞬間」がユーザー投稿型アプリ「Whisper」に寄せられていますので、一部紹介します。
日本語訳はGENXYさんから。

 

 

 

「AVを見るときに、女性ではなくいつも男性を見ていた」

 

 

 

「学校で、女子生徒の着替えよりも男子生徒の着替えに興味があった」

 

 

 

「レディ・ガガが死ぬほど好きだと気付いた時。性的に好きというわけではなく、最高に完璧なアーティストだと思った」

 

 

 

「6歳の時、筋肉質な男の人に抱えられて、勃った(笑)」

 

 

 

「半裸のイケメン俳優が表紙の雑誌を大切に保管してた時」

 

 

 

「親友(男)が、『好きな女の子のタイプは?』って、寄り添っている時に聞いてきた時」

 

 

 

「男の割れた腹筋を見た時。今まで感じたことがない気持ちになった」

 

 

 

「6歳の時、ディズニー映画「ヘラクレス」を見て「くそかっこいい…!」と思った時」

 

 

 

「小学6年生の時の夏季合宿で、友達とお風呂に入ってジロジロ見ずにはいられなかった時」

 

 

 

「僕は好きだった女の子にいつもフラれてた。もしかすると彼女たちは、僕がゲイであることを本能的に察していたかもね」

 

 

 

「バスケのユニフォームを着ている男はエロいと感じて当たり前だと思っていたのに、それが当たり前じゃないと気付いた時」

 

 

 

「友達に「この女の子可愛くない?」と聞かれて、何も答えずに隣の男の子に目が釘付けになっていた時」

 

 

すべて見る方はこちらから : Queerty.com

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

(コメントの反映まで15分ほど掛かる事があります)

関連記事

News Topics

[showrss]

Twitter

Twitterボタン