刀剣乱舞-ONLINE- オンラインゲーム


【話題】オーストリア首都ウィーンで『ゲイに友好的な信号機』が登場!

GENXYより

23

オーストリアの首都ウィーンで、ゲイをテーマにした信号が登場し話題になっている。
歩行者信号機の「止まれ」「進め」の表示を、ゲイカップル&レズビアンカップル仕様に大胆チェンジ!既にウィーン市内で10数カ所以上設置しているとのこと。

なぜウィーンがこうもゲイフレンドリーな信号を設置したのかというと、今月開催される欧州最大級の祭典『ユーロヴィジョン・ソング・コンテスト2015』が開催されるからだ。
昨年のユーロヴィジョンでは『ヒゲ女装』のコンチータ・ヴルストが優勝したことが記憶に新しい。コンチータの優勝により欧州全体でLGBTムーブメントが生まれ、同コンテスト開催地のウィーンではLGBTフレンドリー都市化が進んでいる。

14

ウィーンの都市照明を担当者によると、「ウィーンは偏見の無い都市」をアピールするべく、ゲイ信号を設置しドライバーと歩行者の注意を引きつけたいと話している。
世界40カ国が参加するユーロヴィジョンの決勝戦は2015年5月23日に放送予定。今年はどんなドラマが生まれるのか?期待に胸が高まるばかりだ。

via:reuters.com


 動画もありました。

世界で最も人気のある音楽祭の一つ、欧州国別対抗歌謡祭「ユーロビジョン・ソング・コ­ンテスト」第60回大会が来週開幕するオーストリア・ウィーンでは、節目の年を祝うた­めの一連のユニークな取り組みが始まっている。

 その一つとして、120か所の横断歩道に設置された歩行者用信号のライトが、従来の1­人の人型から、ハートマークの付いた男女のカップルや同性カップルの人型に変わった。

 当局によると、この取り組みはウィーンの「寛容さ」を示すもので、音楽祭に加え、今月­16日開催の欧州最大のエイズ(AIDS、後天性免疫不全症候群)チャリティーイベン­ト「ライフ・ボール」や、来月の性的少数者のイベント「レインボー・パレード」の開催­を祝い設置された。さらに、交通ルールの啓蒙実験も兼ねているという。(c)AFP


Conchita Wurst Without Makeup

キャプチャ

ちるちるより

キャプチャ

(前略)

 オカマ文化が芸として成立している日本では、”女装芸人”として人気を博しそうですが、海外では今のところ”LGBT”の象徴です。
 コンチータ・ヴルストさんは、オーストリア生まれの25歳です。かつて駆け出しタレントだったころは、普通にトム・ノイヴィルトの名で活動していましたが、それではインパクトに欠ける!ということでこのスタイルになったのでしょうか。
確かにヒゲメイクする前も美しいですが、パンチ力は今のほうがあります。仕草の女性らしさと、ホモコントメイクのギャップが激しすぎて困ります。
動画を見ていると、声や仕草は女性っぽくかわいらしい感じで、場の仕切りも心得ており、タレントとして才能がとても高そうです。

(後略)


 

信号機の人影は男女で並んでるという意識もなかったから、なんか新鮮
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

(コメントの反映まで15分ほど掛かる事があります)

関連記事

News Topics

[showrss]

Twitter

Twitterボタン