【海外ドラマ】TV史上最も若い14歳と15歳の少年同士のキスシーンが話題に!

20150307163318

GENXYより

海外人気TVドラマ「フォスター家の事情(原題:The Fosters)」にて、TVドラマ史上最も若い14歳と15歳の少年同士のキスシーンが放送され、全米で大きな話題となっている

米・ABC局が放送する「フォスター家の事情」は、女優ジェニファー・ロペスが制作総指揮を務める、同性カップル家族を描いたLGBTファミリードラマ

同ドラマに登場するジュードとコナーは、じゃれあいながらもお互いを意識し、今週放送された回においてキスシーンを見せた。初々しい少年2人のキスシーンは必見。

海外TVドラマ「glee」に代表される10代のゲイ役やキスシーンは珍しくなかったが、今回はTV史上最も若い14歳と15歳の少年同士のキスシーンが放送されたとして大きな話題になっている。
キスシーンからも分かるように、ストレートの恋愛ドラマとなんら変わりない、瑞々しい少年2人の恋心にキュンとしてしまう。

なお、「フォスター家の事情」シーズン1は、日本でも2月27日よりDlifeにて放送スタートしている。気になったら是非チェックしてみてはどうだろうか。

「フォスター家の事情」
世界中から注目される人気女優ジェニファー・ロペスが制作総指揮を務めるファミリードラマ。警察官ステフ・フォスターと、そのパートナーである副校長のリーナは、ステフの実子と養子に迎えた双子の3人を育てている同性愛カップル。ある日、リーナが施設から、キャリーという少女の一時預かりをすることに。しかしキャリーは、養家で問題を起こして施設に入れられた問題児だった…。
Dlifeにて2月27日より日本放送中

4

ちるちるより

150304_113147

この『ザ・フォスターズ』というドラマはレズビアンのカップルが実子と養子を含めた5人の子育てを描いた作品で、末っ子のジュードとその親友、コナーの恋愛模様が多くの視聴者を惹きつけ、SNSでは#ジョナー(#Jonnor ※JudeとConnerを足したもの)というハッシュタグまでできるほど。

最初は仲の良い親友同士でしたが、ジュードはコナーに次第に惹かれていき、コナーが他の女の子とデートするのにも嫉妬を感じるように。

コナーも気がないわけではないようで、映画館では小指同士で手をつないだり、学校行事のキャンプでもいい感じになったりと完全に両想いかと思いきや、いまいち関係が煮えきらないようでついにジュードが「君がわからないよ!」と問い詰めたところ、コナーがキス。

ファンは今までのやり取りを観てきた分、「ついにキスした!」と沢山の喜びの声があがっています。


 

Twitter上の反応

 

 

@ssydneyq
WHO’S READY FOR
pic.twitter.com/EdUMqs2Xpc

無題

@remixedricky
IM SO HAPPY ABOUT THIS I LOVE THEM
pic.twitter.com/dFbx5VJABL
20150307163158

@nyuGD0720
ヤバいヤバいヤバい!!
萌える萌える萌える♥︎
ヽ(・∀・)人(・∀・)ノ

@miyayunn0705
うほーーー(^p^)ーーー!!!ちょwwもうwwお兄さんウハウハだぞww

@kaitokaorin
なんだこの商業BLのような可愛いストーリーは

@rnn_TB
最高だな……

‏@yakaiyakai
リバーフェニックスの少年らしさと男らしさとグレースケリーのような気品を感じさせる少年俳優ってもう出てこないんかな

‏@kurokostar_15
放送されたら絶対見ます二人を見るために

@toma__sa
いやあのさ……
ようつべでみてきたけど破壊力が……
ていうか英語わかんねえ!!!
英語勉強したいって思った!!!
感動したよ


 

日本でもいずれこういうドラマが作られる日が来るのかな~ワクワク

関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

(コメントの反映まで15分ほど掛かる事があります)

関連記事

News Topics

[showrss]

Twitter

Twitterボタン