デジタル化セット


【動画】中国の親がLGBTの子供に贈る短編映画が話題に

20150222163823 20150222163941 20150222164123

雨あがりポピンズより

日本の盆と正月、アメリカの感謝祭、そして中国の春節。性的少数者の子たちにとって、帰省シーズンは憂鬱な(場合がある)ものだというのはどの国も同じようです。1本のショート・ムービーをご紹介します。

2月19日に春節(旧正月)を迎える中国では、帰省や旅行で28億もの人が国内外を移動する見込みだそうです。そんな春節を目前に、中国のLGBT家族会「同性恋亲友会(PFLAG China)」がショート・ムービーを制作し、動画サイト「腾讯视频」で公開しました。
「回家 -Coming Home-」と題されたこの作品ではゲイ男性と両親の断絶と和解を描き、春節には実家に帰り家族と過ごしてほしいというメッセージを送っています。

(中略)

動画はYouTubeにも上がっています。中国語と英語の字幕付きで、セリフ自体も少ないですし、話の内容は分かりやすいと思います。

Coming Home – Celebrating Chinese New Year

物語(ネタばれ)
主人公は「成績優秀な自慢の息子」として育ったゲイ男性。2009年、春節で帰省した実家で、親が楽しげに結婚や孫への期待を口にするのをやり過ごしています。
実家から逃れるように学業や仕事に打ち込む主人公でしたが、恋人との将来を考えるようになり親にカミングアウトします。しかし、両親は激怒。「手塩にかけて育てたのに、なぜこんな仕打ちをするの?」「帰ってこなくていい!息子はもう死んだも同然だ。」
その後、絶縁状態が続くなか、両親は「同性恋亲友会」で同じような親たちと出会います。
「あの子は今も、私が赤ん坊の時から育てた子に変わりない。」
「望むのは彼の幸せだけ。」
そして物語は、2015年の春節を前に、母親が息子に電話をかけるところで終わります。
「帰ってきて。おまえがどんな人であろうと、ずっと私たちの子どもだから。」

エンドロールでは実際の母親たちが登場し、子供たち(と親)へ語りかけます。

「もうすぐ新しい年ですね。同志(LGBT)のみなさんが家で親御さんと一緒にお祝いできることを願っています。」
「ご両親はあなたを待ってるよ。」
「親の愛を重荷だと思わないで。」
「正直に生きる勇気を持って。」
「あなたの物語をご両親と分かち合ってね。ちゃんと聞いてくれるから。」
「まだ話す気になれないなら、普段通りでいいの。」
「子供が家に向かうその道を、社会のしきたりや伝統的な結婚観でふさがないであげてください。」
「子供たち、休暇には帰ってきてください。ママがあなたを待ってますからね。」

 

言語を超えて伝わってくるものがあるよね…

関連記事

【海外】中国の“ボーイズ・ラブ”CM、斜め上の展開が話題に 腐女子の力は日本以上?

【中国】BL小説執筆で女性20名を逮捕  “同性愛差別”と中国ネット上で批判も

【タイ】男3人で『3人婚』挙式が話題!

【動画】幸せそうなゲイカップルの泣けるプロポーズ動画【4つ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

(コメントの反映まで15分ほど掛かる事があります)

関連記事

ピックアップ記事

2013-6-23

俺に催眠オ○ニー勧めたやつ出て来い

News Topics

[showrss]

Twitter

Twitterボタン