刀剣乱舞-ONLINE- オンラインゲーム


【商業BL】花植物や星がモチーフの作品:4冊追加

page

公開日: 2015年5月6日
更新日: 2015年11月26日

 

 

クエスチョン

Q. 花植物や星がモチーフの作品  冬草  2015-04-12

はじめまして。
BLひよっこのわたしに、ユーザーさんから是非おすすめ作品を教えていただきたく、トピックを立てさせていただきました。

早速ですが、花植物や星がモチーフのBL漫画・小説を探しています。
レビューしました『すみれびより』や『ばら色の研究と花喰らふきみ』のようなボタニカルなモチーフや星(天文)モチーフを含んだ作品で、短編・長編は問いません。
また、花屋さんや天文台等を舞台にしたものにも興味があります。

 

こんなのあるよ、という作品があれば、少し逸れても全く問題ありませんので、気軽に教えていただけたら嬉しいです。どうぞよろしくお願いします。

 

 

  • すみれびより (ディアプラス文庫)
  • ばら色の研究と花喰らふきみ (Dariaコミックス)

 

 

1. 小説です  stella☆  2015-04-12

こんにちは!

 

『雨降りvega』 凪良ゆうさん
 攻め受けともに星が好き。

雨降りvega (幻冬舎ルチル文庫)

 

 

『好きで好きで好きで』 高遠琉加さん
 受けが花屋さんに勤めてます。

好きで好きで好きで (角川ルビー文庫)

 

どちらもせつないお話です。

 

ライン

 

 

2. 小説です  ココナッツ  2015-04-12

 

こんにちは、トピ主さま。

星というと、一穂ミチさんの『ムーンライトマイル』が思い浮かびます。

 

ムーンライトマイル (ディアプラス文庫)

 

『オールトの雲』のスピンオフですが、単体でも問題はないかなと。
科学館のプラネタリウムが登場します。

 

 

ライン

 

 

3. 花といえば…  匿名1番さん  2015-04-12

 

宝井理人さんの『花のみぞ知る』はいかがでしょう?
漫画です!

花のみぞ知る コミック 1-3巻 セット (ミリオンコミックス CRAFTシリーズ48)

 

 

ライン

 

 

4. 小説です  匿名2番さん  2015-04-12

 

朝丘戻さんの『星を泳ぐサカナ』はいかがでしょう。
繊細で優しい文章でつづられる、すれ違いが切ない一冊です。

星を泳ぐサカナ (ダリア文庫)

 

 

ライン

 

 

5. 漫画です  omega  2015-04-12

 

トピ主 様

お好みのモチーフ、どれも素敵ですよね。
私のオススメは

「爪先に光路図」青井秋 さん
大学教授×大学生のお話なのですが
植物の野外採取に出かけたりします。
青井さんの精密で繊細な絵がとても綺麗です。

 

爪先に光路図 (ミリオンコミックス Hertz Series 122)

 

お話もしっとり、おだやか、繊細な感じで
落ち着いた雰囲気です。
ご縁があれば手に取っていただきたい素敵な作品です。

 

 

ライン

 

 

6. 舞台が花屋さんです。  匿名3番さん  2015-04-12

 

小説  成宮ゆりさんの「素直じゃないにもほどがある」

 

素直じゃないにもほどがある (角川ルビー文庫)

 

漫画 山本小鉄子さんの「満開ダーリン」全2巻

 

満開ダーリン (ミリオンコミックス 27 Hertz Series 56)

 

 

ライン

 

 

7. 自然公園  snowblack  2015-04-12

 

パッと思いついた作品は、
ココナッツ様やstella☆様が既に上げてくださっているので、
他にないかな?と考えてみました。

 

少し外れるかもしれませんが……
さとみちる作『日月星、それからふたり』
受けが自然公園に勤めていて、花や木の描写があります。
挿絵は秀良子さんです。

 

日月星、それからふたり (Holly NOVELS)

 

 

ライン

 

 

8. 小説です  蜜花  2015-04-12

 

パッと思いついたのが、一穂ミチさんの『ナイトガーデン』。
受けが植物園に勤めています。

 

ナイトガーデン (フルール文庫 ブルーライン)

 

 

ライン

 

 

9. No Title  Hue  2015-04-12

 

古めですが

小説
・榎田尤利『神さまに言っとけ』(花屋の店員)
神さまに言っとけ (SHYノベルス)

・杜楓子『ユメノ果実』(園芸部員)
ユメノ果実 (リーフノベルズ)

・高遠琉加『楽園建造計画』全四巻の「さよならを教えたい」(人に植物を見る美大生?)
楽園建造計画〈4〉 (二見シャレード文庫)

・徳田央生『畑に種をまきましょう』『畑で愛をささやいて』(ほうれん草農家)
畑に種をまきましょう (パレット文庫)

 

 

漫画
・藤たまき『ミスターシーナの精霊日記』「キープ・ザ・フェイス」①②③(月の精霊)
ミスター・シーナの精霊日記 3 新装版 (キャラコミックス)

 

 

ライン

 

 

13. No Title  匿名4番さん  2015-04-13

 

雲田はるこ「窓辺の君」
窓辺の君 (MARBLE COMICS)

秀良子「年々彩々(デラシネの花)」
年々彩々 (FCオンブルーコミックス) (Feelコミックス オンブルー)

 

 

長編だけど最終巻が出たので一気に読めます。
日高ショーコ「花は咲くか」
花は咲くか (5) (バーズコミックス ルチルコレクション)

 

 

ライン

 

 

14. No Title  snowblack  2015-04-13

 

麻々原絵里依さんがお好きということで、思いつきましたのは
麻々原さんがコミカライズをした遠野春日さんの
『茅島氏の優雅な生活』です

 

茅島氏の優雅な生活 (花音コミックス)

 

大邸宅に住む富豪と、その庭園の庭師のお話、
小説版の挿絵は日高ショーコさんです。

 

蜜花さまがお挙げくださった『ナイトガーデン』ですが
これは『ふったらどしゃぶり When it rains, it pours』のスピンオフです。
単体でも読めますし
『ふったら〜』は植物モチーフではないですが
(雨が効果的に使われています)、
できたらこちらから読まれた方が物語の感動が大きいと思います。

少しでもご参考になりましたら幸いです。

 

 

ライン

 

 

17. No Title  comeco  2015-04-14

 

最近のですと
モンゴロウ「ランデヴー」(天文部の話・漫画)
ランデヴー (uvuコミックス)

 

その他
雨隠ギド「恋まで百輪」(花屋が攻・漫画)

恋まで百輪 (ディアプラス・コミックス)

 

菅野彰「花屋の二階で」「花屋の店番」

  • 花屋の二階で 1 (キャラコミックス)
  • 花屋の店番 毎日晴天! 12 (キャラ文庫)

↑こちらは、「毎日晴天! 文庫 1-12巻」という長いシリーズの一部なので、ここだけ読むのもどうかな?とは思うのですが、個人的にはシリーズの中で一番好きなカップルです。「花屋の二階で」は二宮悦巳さんがコミカライズしているので、そちらを読んでみるのも良いかもです。

 

 

ライン

 

 

18. No Title  匿名5番さん  2015-04-14

 

青井秋さんの『ステラリウム』
星の製造工場に勤める主人公が、亡き恋人を思って流した涙と星製造のための研究素材が混ざり合って少年が生まれてきて・・・。というお話です。

ステラリウム (Canna Comics)

 

 

ライン

 

 

20. ちょっと逸れてるかな  白桃  2015-04-14

 

冬草さま、こんばんは。
花とか星とか出てはきますが…。

 

小説
・榎田尤利さん「Blue Rose」
Blue Rose (SHYノベルス288)

青薔薇という源氏名の男娼のお話。内容も本自体もお値段も重いです。

 

・尾上与一さん「天球儀の海」
天球儀の海 (Holly NOVELS)

オリオン、シリウスが主人公をつなぐカギですが、戦争ものなのでどうかなー。

 

・木原音瀬さん「牛泥棒」
牛泥棒 (Holly NOVELS)

攻めが大学の植物学の助手で植物採取に出かけたりします。戦前ぐらい(?)の時代もの、妖怪ものです。椿の妖怪も出てきます。受けはおふんどし着用で(#^.^#)

 

 

コミック

 

・伊東七つ生さん「花とスーツ」
花とスーツ (ショコラコミックス)

市営公園の植物係のカップルのお話。草むしりの時も常にスーツ着用。表紙も綺麗です。

 

・吉池マスコさん「永遠のボーイフレンド」
麗人セレクション 永遠のボーイフレンド (バンブー・コミックス 麗人セレクション)

お花屋さん経営というだけで、好きなので押し込みました(笑)オネエのみちるさんがキュートです。エロ注意ですが、うるっ(;O;)とします。

 

 

ライン

 

 

21. ☆星☆  匿名6番さん  2015-04-15

 

コミック

 

草間さかえ「夢見る星座」
夢見る星座 (ビーボーイコミックス)

 

じゃのめ「笑い話のようだ」
笑い話のようだ (POE BACKS) (POE BACKS Babyコミックス)

 

どっちもじんわりして良い話です。

 

 

ライン

 

 

22. No Title  匿名7番さん  2015-04-15

 

はじめまして。
まだ出て無い作品を

 

「恋するバラ色店長」モチメ子
恋するバラ色店長 (バーズコミックス ルチルコレクション)

「あふれてしまう」荒井よしみ
あふれてしまう (Feelコミックス オンブルー)

 

どちらもコミック、花とお花屋さんが関連しています。
荒井さんの作品は、がっつりエッチがあります。

 

 

ライン

 

 

25. コミックばかりですが  roseーlily  2015-04-15

 

花屋さんや天文部などのお話良いですね!

 

コミックばかりになりますが、オススメ作品を。

 

〈花屋さん〉
他の方もススメておられましたが。
・吉池マスコ先生『永遠のボーイフレンド』
 ブサメンが大丈夫ならば。
麗人セレクション 永遠のボーイフレンド (バンブー・コミックス 麗人セレクション)

 

・高久尚子先生『花束を抱く男』
 雪代鞠絵先生原作のお話です。
花束を抱く男 (バーズコミックス ルチルコレクション)

 

 

〈天文〉
天文の二作はエロ無しですが。
・ナナメグリ先生『恋を語らない唇』
 短編集のはじめの「流星の下で」切ないです。
恋を語らない唇 (ニチブンコミックス)

 

・ハヤカワノジコ先生『夜空のすみっこで、』
 天文部で先輩後輩だった二人の再会のお話です。
夜空のすみっこで、 (H&C Comics ihr HertZシリーズ 141)

 

どれか合うものがあれば良いですね!

 

 

ライン

 

 

26. No Title  匿名7番さん  2015-04-16

 

こんにちは。
読み返した短編集に該当しそうな作品がありました。

 

「世界の匂いと君のシルシ」1、2巻
紀本

今は電子配信のみらしく、2巻に分冊されています(Renta、コミックシーモア参照)

 

1巻の「三ツ星コーヒー」
2巻の「スプリングフラワーズ」
それぞれ星(オリオン座)と花(木蓮)が関わります。

 

いずれも強い恋愛描写は無く、会話も直接的と言うよりは、間や余韻で読み進めてゆく作品だと思うので、じっくり読むのが好きな方向きかな?

絵がとてもきれい、人物もさることながら、作中に関係無い樹木さえも種類が解りそうなほどの丁寧な書き込み。
ストーリーは淡いけれどキュンとする、
私の好きな作家さんです。

電子書籍な上、ちるちるでは第1巻しか紹介がなく、レビューも付いて無いのでオススメするのに迷いましたが、良かったら電子版の試し読みをチェックしてみて下さいませ。

 

 

ライン

 

 

30. カタギの分際  estee  2015-04-17

 

櫛野ゆいさんの『カタギの分際』、いかがでしょう。
植物(ハーブ)が重要な小道具として登場します。

 

カタギの分際 (ビーボーイノベルズ)

 

27歳爽やか系イケメンでもマイペース強引攻(花屋勤務)と29歳スーツ・メガネのクールビューティ受(カタギじゃないご職業上層部)の心がほんわりあったかくなるお話です。
人当たりがよくニコニコ笑いながらも押しの強さでスキスキと迫ってくるお花屋さんに、今までと勝手が違いすぎてどう接していいかわからず困りながらもそれを表に出すのはプライドが許さないヤ●ザ幹部のやりとりが可笑しくて、何度も読み返している私のお気に入りです。

 

 

ライン

 

 

31. No Title  匿名7番さん  2015-04-17

 

紀本さん、ちょうど他の作品を読み返して「やっぱり好きだな」としみじみ思っていました。
図々しいなんてとんでもない、興味を持ってくださって嬉しいです。

 

そこで、冬草さまへ
「アンタイトル」2巻

アンタイトル 第2巻

 

「そらいろ」はいかがかでしょう?
(揉み手しながら)

バス停にずっと座って居る、
「やり残した用」を思い出し中の自覚の
薄い幽霊と、彼に話しかける大学生の
数日間のお話です。

天体ではありませんが、「夏の空」と
「その色」が物語のキーとなります。
あと2人、人物が登場しますが少ない台詞ながら、それぞれの性格や背景などが想像出来る、奥行きのある短編です。

 

紀本さんは配信中の作品が少ないので、
もしお気に召したら同作の1巻、
「悪魔と本とうちごはん」も是非!
こちらも主役の二人?(悪魔と作家の大学生)と死神の先輩と後輩が出ます。
会話に出てくる設定を想像するのも楽しいです。

紀本さんは他の擬人化の作品も含め、
「好き」という言葉すらあまり出ない作品ばかりですが、お互いを想う気持ちは確かにちゃんと描かれていて、よくよく読んで、それを探すのが楽しいです。

ウザいセールストークですみません。

 

別件ですが、
「日曜日に生まれた子供」紺野キタ

日曜日に生まれた子供 (ミリオンコミックス 37 CRAFT SERIES 27)

 

この中の「先生のとなり」は桜のお花見のシーンがきれいです。
表題作とその続編も、イングリッシュガーデンでしょうか?庭の風景や小道具の植物が物語に関連します。

こちらは皆さんがレビューされていますから、作品を未読でしたら。
では、おじゃましました。

 

 

ライン

 

 

32. 食用花のある温室  ミルクティー猫  2015-04-18

 

こんばんは。

 

山藍紫姫子さん
 「愛する人は毒入り」

愛する人は毒入り (新装版) (B-BOY SLASH NOVELS)

食用花を扱う会社の社長宅が舞台。
温室Hは濃厚耽美でした。
花をプレイに使ってますー


引用元:http://www.chil-chil.net/answerList/question_id/3092/

 

植物系時いて思い出したのは「鉢植えの住人」かな?古街 キッカ先生は商業BLに手を出し始めた時に読んだから印象深い…

 
≪@isayofutukiさんに教えて貰った作品≫

 

  • 紳士と星夜の恋愛浪漫 (ビーボーイノベルズ)
    一人ぼっちが寂しくて通うようになったプラネタリウム―高校生の美晴が大切にしているその場所を買収しようと現れたのは、新鋭コンサルティング会社を経営する、合理的で冷たい瞳の男・相澤。プラネタリウムを残したければある条件を呑めと言われ―!高慢な相澤にムカムカ…なのに、彼の時折見せる寂しげな眼差し、不器用な優しさに、美晴の心はどんどん捕われ始め!?
    独占欲いっぱいの紳士とまっすぐな高校生の年の差ラブ。オール書き下ろし。
  • てのり彼氏~花の蜜で愛撫~ (ビーボーイスラッシュノベルズ)
    「小さいのに乳首感じるんだな」
    ある日、手のひらサイズの体になってしまった花屋の香は、超エリートで美形の幼馴染み・鶯生に拾われる。風呂で洗われているだけなのに、鶯生の大きな掌で小さな乳首に触れられると甘い声が止まらない。恥ずかしくて堪らないのに、さらに股間や後ろの穴を舌で激しく舐め上げられ、信じられない程の快感に何度も達する香。小指も入らない穴を執拗に弄られ強烈な快楽に溺れていって……!!
    淫らすぎる、BL版おやゆび姫!!
  • 愛の言葉は花言葉 (シャレードパール文庫 ウ 1-2)
    新宿界隈を取り仕切るヤクザの若頭・桔梗。
    鋭い双眸に大人の色香を漂わせ、己の美貌と大輪の花に添えた花言葉で落とした女は数知れず。そんな節操なしに、ある誤解から無理やり体を奪われてしまった花屋のバイト・桃原大輔。桔梗のズレまくった常識に面食らうも、持ち前の正義感から大輔は彼の更生を試みるが…。
    百戦錬磨のヤクザ相手に教職志望の大学生が挑む、教育的ラブ指導。
  • 星模様恋模様 (ショコラ文庫)
    書をしていた部長兼恋人に縁談が持ち上がり、あっさり振られた紅林彰史。転職を決意するも再就職先は見つからず、やっとの思いで決めたのはパートタイ マーの大学教授秘書だった。担当の垰 亮一郎は、専攻する宇宙工学の研究一辺倒で日常生活に関してはまったくの無頓着なため彰史は振りまわされるはめに。そんな中、彰史の前に元恋人が現れ執着 をみせるが、それを知った垰はなぜか怒りをあらわにし……。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

(コメントの反映まで15分ほど掛かる事があります)

関連記事

News Topics

[showrss]

Twitter

Twitterボタン