デジタル化セット


【BL紹介】受けが片思いをしている切ないBL小説

page

Q. 受けの片思い小説  生姜と豆腐

受けが片思いしている小説おしえてください>_<
切ない感じが好きです!

できれば、あらすじも少し添えていただけると嬉しいです!

私が最近読んだ受けの片思い小説は
ビューティフルサンデーです。
攻め視点になりますが、最初嫌がっていたのに受けの健気さにほだされ、好きになってしまったところがすごくよかったです。

ビューティフル・サンデー (幻冬舎ルチル文庫)

1. もう読まれたかもしれませんが…  匿名1番さん

それでしたら夏乃穂足さんの茜色デイズはどうでしょうか。

茜色デイズ (ショコラ文庫)

親友(攻め)に長年苦しい片思いをしている受けのお話です。

大学時代恋心を自覚した受けですが、親友には恋人がいて、思いを告げることなく卒業後数年たった今までずっと友達として付き合っている、というお話です。

二人の出会いからきちんと書かれていますし、感情移入しやすいお話だと思います。

私は、受けの親友への思いに胸がぎゅっとなりました!

読まれていなければ是非読んでみてください!

2. No Title  匿名2番さん

既読だったらすみません。
久我有加さんの恋は愚かというけれど、受が片想いです。

恋は愚かというけれど (ディアプラス文庫)

受と攻は大学の同じサークルで、アパートのおとなりさん。受けが攻大好きでぐるぐる悩んでいてかわいいです。両思いになってからは攻めが嫉妬してこれまたかわいいです。あ、たしか大阪弁でした( ・∇・)

3. 健気受け  ココナッツ

トピ主さま、こんにちは(o^^o)
『ビューティフルサンデー』は雪代鞠絵さんでしょうかね。
ならばかなり健気系ですね。
では、わたしも健気で片想い受けをご紹介します。
既読でしたらすみません^^;

一穂ミチさんの『藍より甘く』

藍より甘く (幻冬舎ルチル文庫)

→大学生の友人同士です。
受けはずっと攻めへ片想いしていますが、攻めには彼女がいて諦める為に告白して…という感じです。
とにかく受けは無口で健気です。

海野幸さんの『純情ポルノ』(こちらは切ないというよりホノボノかも)

純情ポルノ (二見書房 シャレード文庫)

→受けが幼馴染みの攻めへ片想いしています。
受けはポルノ作家なんですが、もう初々しくて可愛いです。
職業とのギャップがすごいです。
タイトルを裏切ります^^;

川琴ゆい華さんの『今夜、きみと星につなごう』

今夜、きみと星につなごう (フルール文庫 ブルーライン)

→受けは、同じ会社の社員へ片想い中の健気さん。
そんな片想いが過ぎて、一度だけでも抱いて欲しくてコールボーイを装って…というお話。
コールボーイなんてものが出てはきますが、とにかく可愛くて一所懸命な受けさんです。

雪代鞠絵さんの他の作品も健気切ない系多いですよ。
Fly me to the Moon 』や『全寮制櫻林館学院 文庫 1-3巻』の一作目と三作目など。
雪代さんの受けは酷いことになるのがデフォか?という感じなので、切なさ全開です!

4. ぱっと浮かんだのが  匿名3番さん

いくつか思い浮かんだものですが。

①スノーファンタジア / うえだ真由
スノーファンタジア (ディアプラス文庫)

受が攻(彼女あり)に密かに片思いしていたけれど、攻が記憶喪失になってしまい、恋人だったのが受と勘違いしてしまう。
ずっと諦めていた人と、ひとときだけでいいから恋人になってみたい。
罪悪感を抱えながらも恋人としてすごけれど…

②愛はね、 / 樋口美沙緒

愛はね、 (白泉社花丸文庫)

幼なじみの受と攻。
攻が自分のことを好きにならないとわかっている受はダメ男と付き合うことを繰り返す。
そんな受のことをバカだと思いながらも放っておけない攻。
けれど、攻の知人の男と受が付き合うことによって、二人の関係が少しずつ変化していく。

③約束 / 可南さらさ

約束 (ガッシュ文庫)

高校生の時誰にも内緒の恋人同士だったけれど、攻が事故で記憶喪失になり受と過ごした日々を忘れてしまう。
そのまま学校も辞めてしまった攻をずっと思い続けてきた受は数年後攻と再会をするが、やはり自分のことを覚えてはいなかった。
元同級生として付き合いを続けるが、攻に婚約者がいると知ってしまい…

2つが記憶喪失ものですみません…

②は続編(?)の「ぼうや、もっと鏡みて」を一緒に読むことをおすすめします。
イライラしても途中でやめないでください(笑)

5. No Title   JGbee

既出の「愛はね、」&「ぼうや、もっと鏡みて」は私もオススメです。

「ぼうや、もっと鏡みて」の自己嫌悪と罪悪感にひたすら苦悩する傲慢攻は必見です。

以下の作品もオススメです。

西江彩夏「ナルシストの憂鬱」

ナルシストの憂鬱 (ビーボーイノベルズ)

受は我儘な隣人(攻)の面倒を見ているうちに好きになってしまいます。自己中攻×お人好し受。最終的には繊細攻×包容受カップルになります。

夜光花「サクラ咲ク」

サクラ咲ク (リンクスロマンス)

ゲイの受はかつて片想いしていた先輩(攻)と再会して再び恋に落ちます。温厚攻×強気受(攻に対してのみ大人しい)。受は恋愛感情に疎い攻を一途に想っています。主人公は違いますが、シリーズ一作目を読んだ方がより楽しめると思います。

夜光花「不浄の回廊」

不浄の回廊 (キャラ文庫)

受は元同級生(攻)とお隣同士になります。節操なしの俺様攻×霊感のある天然受。受がいちいち可愛いです。笑えてキュンとします。

6. No Title  匿名4番さん

たくさん思いつきますが…

六青みつみ「夕陽と君の背中」

夕陽と君の背中 (リンクスロマンス)

高校生×高校生
明るい性格の攻め様に、ずっと片思い中の地味な受け様。すっと仲の良い友達同士として付き合ってきましたが、文化祭でのある出来事をきっかけに、攻め様に受け様は拒否られてしまうのです…

他の作家様では
「ひものとうみ」さん、「朝丘戻」さん、の片思いものは、とても切なかったと思います!
ちょっと書き込む時間がないので検索してみてください!

中途半端でゴメンナサイ。

7. 個人的なオススメ  匿名5番さん

私のオススメは鈴木あみさんの「Heimat Rose 文庫 1-4巻」シリーズです。

Heimat Rose -繋囚- (ガッシュ文庫)

とある中世ヨーロッパの国で流刑囚の受けが、権力闘争に負け同じく流刑になった攻めと出会い、共に脱獄し、王座奪還を目指すお話なのです。
受けは攻めが好きでしょうがないけど、攻めには都に結婚するはずだったお姫様がいて・・・。という話。
攻めは受けを絞首刑にしたり、王座に就くため王女と結婚したりとかなりひどい。
波乱万丈でジェットコースターのように浮き沈みが激しいお話です。

することはしているのに、攻めに「好き」とは言ってもらえず、
4巻の最後にようやくその言葉が出てきた時には感動です。

17. 思い付いたもの  匿名6番さん

小説
小中大豆「指先がすれ違う」

指先がすれ違う (白泉社花丸文庫)

入社時からずっと攻めに片思い!

あすま理彩「こわれるほどに奪いたい」

こわれるほどに奪いたい リーフノベルズ

受けはバスケ部部長!これはあらすじ書くと面白くないんです。


同性だからこそ言い出せなかったりする切ない片思い……いいよねっ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

(コメントの反映まで15分ほど掛かる事があります)

関連記事

News Topics

[showrss]

Twitter

Twitterボタン