【BL】オススメのヤンデレ攻めの小説は?約60冊ご紹介!!

page

初公開日: 2013年12月7日
更新日: 2015年10月08日

 

 

 

Q. ヤンデレ攻めの小説  うしみるく

最近ヤンデレ攻めにはまっておりまして、よろしければみなさまにヤンデレ攻めの小説をお教えいただけたらな、と思い投稿させていただきました。
私が求めているのは、
・ヤンデレ攻め(病み具合はバッドエンドにならない程度で)
・テイストはできれば甘め、ハッピーエンドで
・攻めは受け以外どうでもいい感じ
・攻めが受けに一途、浮気はしない(受けに会う前、惚れる前は遊び人だったというのはOK)
・痛々しいのはそこに愛があればokです。
・3P、複数もの大好きです^^(ただし攻めが複数のもののみ)
・ガチ兄弟もの大好きです^^
・ファンタジーもの大好きです^^

これまで読んでつぼったもの↓

 

・宮緒葵先生の作品(特に愛犬志願と堕つればもろともは最高でした(*^_^*))
・蜜猟区 今城けい先生
・夜花光先生の作品(薔薇、凍る月、熱情連鎖、花シリーズ)灼熱シリーズ?は最後がバッドぽくて苦手でした(-_-;)
・プリーズミスターポリスマンシリーズ 竹内照菜先生(一気に購読。今同人誌も集め回ってます^p^)
・二重螺旋シリーズ 吉原理恵子先生
・閉じ込める男 秀香穂里先生(ちょっとなまぬるかったかな・・・)
とりあえず今思いつくのはこれぐらいです。
ちなみに私の地雷は↓
・バッドエンド
・両性具有
・受けが複数
・リバ
・攻めが浮気者
です。
いろいろと注文が多くてすみません(-_-;)
上記の地雷さえなければたいていなんでもバッチコイ!(古い?)です!
こちらの都合上返信が遅くなってしまうかもしれませんが、それでもいいよ、という方がいらっしゃったらよろしくお願いします^^

 

 

1. 条件にあう私的おすすめBL小説はこけいし

私もヤンデレ攻め、攻め→→→受け 兄弟もの大好きです。
そんな私がおすすめする私的おすすめBL小説
あくまで私がかってに面白い!これおすすめ!!!と思っているものなので、質問者様にあうかどうかはわかりませんが、興味があれば読んでみてください。

鬼畜 (二見書房 シャレード文庫) 吉田 珠姫←一押し

 

ヤンデレ攻 弟×兄
攻めが受けのことをあまりに好きすぎて二人の仲を邪魔する人をようしゃなく殺していきます。
例えば、攻め「祖父母を殺してあげたよ、これで一緒に暮らせるね」
受け「なんてことをしたんだ!」こんな感じで攻めが病んでます(笑)病み具合では一押しvおすすめです。

最強凶の男 (シャレード文庫) ゆりの 菜櫻 全3巻

 

同級生 ヤンデレ攻? ツンデレ受 コメディ系 総受
ごく普通の平凡な受けはイケメンで御曹司で世界テニスプレイヤーの攻めにどういうわけか見初められ、高校時代からひたすら執着されている。
受けがヤキモチやくといけないからとファンからの返事を書かなかったり、お金で人を雇って受けを襲わせ、
狙ったように攻めが助けにいき、攻めがかっこいいと思わせようとしたり、受けにキライといわれたときには、受けに嫌われたなら生きるいみがないと絶食し、
死にそうなほど弱り、 受けは攻めの関係者ら周りから、このままでは攻めが死んでしまうから、どうにか攻めと仲直りしてくれと頼まれたり…。
とにかく、攻めの常識はずれな行動に、受けは振り回され、迷惑だと思っている受けの話です。おすすめです。
 

ずっと、愛してた嘘 (リリ文庫) 花川戸 菖蒲

 

幼馴染 同級生 すれ違い ワンコ攻(前半) ヤンデレ攻(後半)?正体バレる系 再会 主×従(後半) 小学校から社会人
攻めがあまりに受けを好きすぎて、小学生の時は受けをいじめて、大学生のときは受けに健気に尽くし、
それでも受けがなびかないので、最終的に監禁してしまうという不器用攻めの話。おすすめですv

偏愛シンメトリー (ショコラ文庫) 浅見茉莉

 

 

弟×兄 同級生 リバ 再会 ヤンデレ攻

硝子の迷宮 (リンクスロマンス) いとう 由貴

 

弟×兄 ヤンデレ攻 ツンデレ受?
黒蝶の檻-禁断兄弟- (クロスノベルス) 藤森 ちひろ

弟×兄 ヤンデレ攻

 

冷たいダイヤモンド (ショコラノベルス・ハイパー) 国武 みらい

弟×兄(義理)ヤンデレ攻 すれ違い 健気受

 

あまい愛をあなたが (リリ文庫) しみず 水都

ヤンデレ攻 兄×弟(義理)

 

淫らな神は罪に溺れる (白泉社花丸文庫BLACK) 凛 紫水

子×父(義理) ワンコ攻 オレ様攻 幼馴染 多重人格 高校生(攻)

 

白夜月の褥 (ラヴァーズ文庫) ゆりの 菜櫻

年上攻 主×従 3P 総受 健気受 悲恋?

 

月を抱いた (竹書房ラヴァーズ文庫) [文庫]夜光 花

同級生 幼馴染 ヤンデレ攻

 

僕のねむりを醒ます人 (オヴィスノベルズ) 沙野 風結子

幼馴染 同級生 ヤンデレ攻 多重人格(攻) 総受 俺様攻

 

眠る劣情 (キャラ文庫) 夜光 花

同級生 ヤンデレ攻

 

灼熱に濡れた花嫁 (シャレード文庫) ゆりの菜櫻

再会 年上攻  健気受 すれ違い ヤンデレ攻  俺様攻 アラブもの

 

コレクション (角川ルビー文庫) 鹿住槇 

年上攻 ヤンデレ攻

 

金曜日に僕は行かない (キャラ文庫) 愁堂れな 

兄×弟(義理) 再会  年上攻 ヤンデレ攻

 

せつなさの螺旋 (アイスノベルズ) 牧山とも 

同級生 健気受 ヤンデレ攻 俺様攻

 

狂恋 (クロスノベルス) 秀香穂里 

幼馴染 同級生

など。
グロいものでも大丈夫なら
 

背徳のマリア (ガッシュ文庫) 綺月 陣 上下 ←一押し

同級生、ヤンデレ受 女体化 / 兄×弟 ヤンデレ攻 グロ系
ヤンデレ受けとヤンデレ攻めの2つの話がはいってます。
あと、マンガと小説両方あるもので、BL風味のものですが
闇の皇太子 公式↓
http://www.enterbrain.co.jp/bslog/bslogbunko/yamikou/
話的には、普通の高校生だった主人公は実は異世界の闇世界の皇太子だった!という話。
BL風味な話で、主人公に対してのみ愛情を発揮する重度のブラコンでヤンデレの弟など出てきます。

 

その他、私的おすすめBL小説リスト
ヤンデレ攻め?とはいえないけど、
攻めが受けを一途に昔からずっと好きでの、
兄弟、血縁もの、
ひたすら受けのためだけに尽くす攻め、
権力やお金でなんとしても受けを手に入れようとする攻め、
紳士的な優しい攻めにひたすら甘やかされる受けの話、
表面的は紳士的で優しい攻めだけど実は受けを手に入れるために
思索してる腹黒攻めなど
まだまだたくさんあります。
上記本を何冊か読んでいただいて私と好みがあいそうならぜひv
http://booklog.jp/users/kokeisi
右下にタグがあるので、それを選ぶと、好みの設定を探すことができます。

ライン

 

3. まちがえましたこけいし
すみません。一つ地雷のやつを紹介してしまいました
偏愛シンメトリー (ショコラ文庫) 浅見茉莉
は外してください。申し訳ないです。
あとは大丈夫だと思います。汗 たぶん…。
私もリバは基本嫌いなのですが、これだけは大丈夫だったのでつい気にせず書いてしまいました。

それにしてもこの掲示板は修正ができないのがとても不便です。

ライン

4. No Titleうしみるく
>>1こけいし様
早速のレス&たくさんのご紹介ありがとうございます^^
吉田珠姫先生の「鬼畜」気になっていたのですが、レビューによると受けを差し出すシーンがあるらしく・・・愛ある3pならまだしもこれはちょっと・・・と思いとどまってしまいました。
「最強凶の男」
レビューをみましたところ私のドツボにはまりそうな作品でした(*^_^*)早速ネットで探してみます!
他にも「硝子の迷宮」「冷たいダイヤモンド」「月を抱いた」「金曜日に僕はいかない」が私のツボりそうな作品なので今からネットで探してみます^^
「闇の皇太子」
けっこう好きなんですが、小説は文体が受け入れられず漫画で我慢してます。ヤンデレ弟いいですよね^^総受けですし非常においしい設定です(^u^)
ブクログのほうも見させていただきました。結構私の趣味とかぶったものが多くうはうはしています^p^
いろいろ難しい注文をつけてすみませんでした(-_-;)

ライン

 

 

2. ヤンデレに甘さ多め?匿名1番さん(1/1)
佐田三季『彼は死者の声を聞く』
今井真椎『告解の死神』

木原音瀬『HOME(新装版)』

詳しい内容はレビューで確認してください。

ライン

5. No Titleうしみるく
>>2回答者様
早速のレス&ご紹介ありがとうございます^^
どれもけっこうどろどろ系ですね。佐田三季先生の「あの日、校舎の階段で」が気になってまだ未読なので「彼は死者の声を聞く」のほうも気になりますね^p^
木原さんはわりと苦手なタイプの先生なのですがちょっとチャレンジしてみようと思います!

ライン

6. No Title三
罪の蜜
悪夢のように幸せな
愛罪の代償
箱の中
WELL
獣シリーズ
今のところこれ位しか思い浮かびませんがお役に立てると良いです…

ライン

7. No Titleうしみるく
>>6
三様
レス&ご紹介ありがとうございます^^
丸木先生の「罪の蜜」気になります・・・。「鬼子の夢」でも挿絵を描かれていた笠井先生とのコラボ作品なのでとても興味津々です^p^
獣シリーズ、というものがどの作品を指していらっしゃるのかわからないのですが、よければ詳細をお願いいたしますm(_ _)m

ライン

8. No Title三
分かりにくかったですよね…すみません
オタクの悪い癖は自分が知ってるものは他人も知ってるだろうと思い込んでしまう所と聞きましたが、まさに私がソレのようでした

▼罪の蜜

 

天才×落ちこぼれ/美大
丸木先生お得意の少し凝った(?)ラスト
▼悪夢のように幸せな

美人+極道×無邪気(?)

とある理由により受けが将来が心配になる系男子と化しています
こちらもラストが有名です
▼愛罪の代償

上司×部下

とりあえず攻めも受けもおかしいです
女性との絡みがありますので、調べてみて下さい
▼箱の中

刑務所/囚人

一般文庫化しまして、そちらがまた美しい表紙です
「普通にいい人」な受けに色々と欠落した攻めが執着しています
▼WELL

家来?×お坊っちゃん

賛否両論が多数あり、倫理的にも問題のあるSF的小説
受けさえ手に入ればそれで良い、と言わんばかりの攻めです
▼獣/獣・壊滅/獣・煉極(綺月陣)

若頭×跡取り/極道

受け攻め共に体を張りすぎていて、何故生きているのか分かりません
色々な意味でcrazyな作品です
もし興味を持たれましたら、再度検索をしてみる事をおすすめします

ライン

10. No Titleうしみるく
>>8
三様
返信遅くなりまして申し訳ありません!
再び詳細ありがとうございます^^
「箱の中」は一般文庫で出版されてるんですね!カバーイラストが素敵っ^p^
獣シリーズはほんとイカれちゃってますね…(笑)

チェックしてみます^^

 

ライン

 

9. 病み度
低めも混じってますが…執着デレ攻作品ほるん♪
宮緒葵、丸木文華、沙野風結子、夜光花、吉原理恵子、竹内照菜先生の作品私も大好きです!
木原音瀬先生もバットエンドや後味切ない系は地雷なら注意作品多いですが、かなりヤンデレ萌できます(^^)
その先生方以外で皆様のお答えにまだない作品だと、

犬飼のの『不夜城のシンデレラ』

 

受けを手に入れる為に裏工作色々する見た目爽やか腹黒攻。

吉田珠姫『神官は王に愛される』

受け溺愛で狂っちゃう位暑苦しい王様攻

 

 

弓月あや『甘い蜜の褥』
きたざわ尋子『欲望のベクトル』
橘かおる『天翔る光翠楼の華』

年の差攻めで受けが子供の時から溺愛や一目惚れ、我慢の限界を超えたりで受けが年頃になってから手に入れちゃう方々。『天翔』の攻めは執着攻めだけど病んではないかな?

遠野春日『背徳は蜜のように』、
橘かおる『艶やかな秘め事』、
結城一美『合鍵』、
飛沢杏『誘惑の果実』

も義兄弟の弟→→→兄で執着攻めです。

 

 

攻め→→→受けな

凪良ゆう『恋愛犯』
弓月あや『王子の虜囚』
あさひ木葉『虜囚-とりこ』
ゆりの菜櫻『愛を囁くのは君』

も個人的にはヤンデレ攻めでお勧めです。

 

小塚佳哉『誓約』
成瀬かの『若と馬鹿犬』
松幸かほ『華は洋館に囚われる』
バーバラ片桐『軍服の劣情に堕ちて』『罪よりも濡れた吐息で』
眉山さくら『姫君と不夜城の覇王』
新井諒『愛の棘』
しみず水都『慰愛』

 

 

も絶対ヤンデレか?と言うとちょっと悩みますが受け大大好き切ない攻めで、最後は報われて良かったね~(T_T)と後味がいい作品です。

 

 

水戸泉『パラノイア幻想』も二重人格のヤンデレ攻め。

ただ、これも後味微妙のすっきりハッピーエンドとは言えない作品です…

パッと浮かんだ執着攻めで攻めが受けを渇望する後味は甘めの個人的に好きな作品上げてみました(^^)
古め作品ばかり長々記入ですみません。

ライン

 

11. No Titleうしみるく
>>9
ほるん♪様
返信遅くなりまして申し訳ありません!
レス&ご紹介ありがとうございます^^
吉田珠姫先生の「王と神官」シリーズは読みました!暑苦しい攻めさんとひなこ先生のイラストが大好きです^p^
他にも橘かおる先生や「恋愛犯」も既読です。どれも甘めで大好きなお話です。
ご紹介してくださったなかで気になったのは成瀬かの先生の「若と馬鹿犬」、眉山さくら先生の「姫君と不夜城の覇王」、橘かおる先生の「艶やかな秘め事」ですね^^
「パラノイア幻想」…とても気になるんですが最後が微妙っぽいというレビューでしたので悩み中です(-_-;)
たくさん紹介してくださったのに我が儘言ってすみません汗

 


引用元:http://www.chil-chil.net/answerList/question_id/1968/

 

コメント・Twitterで教えていただいた作品をまとめました。

 

麗藤ちよこ様より。
度々コメントをありがとうございます!

・どっちも監禁アリ、ムリヤリ要素アリ
・結局攻めをそこまで追い詰めてしまった自分にも非がある、と許すカタチで甘めの結末
・「黒太子」は甘甘、「春の泥」はほろ苦い甘さ・・・かな?(弟×兄の近親要素あり)
  • 黒太子の純愛 (ショコラ文庫)
  • 春の泥 (キャラ文庫)
  • ラスト (プラチナ文庫)
    @isayofutukiさんより紹介
    ≪宮緒葵さんの『ラスト』、攻めがこじらせてる、第三者へのややグロシーンがあるかな;≫

ご紹介に感謝!
小説でもコミックでも、オススメのヤンデレ本があったら教えてくださると嬉しいです!

 

ヤンデレってキチンとした定義がないから、この本のこのキャラは違うかも…と思うこともあるかも!(個人的に「箱の中」はヤンデレ認識してません)
なので、主観でかまいません!

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

    • 名もなき乙女
    • 2013年 12月 08日

    おー!ヤンデレ攻め大好きだからとても参考になる
    佐田三季さんの「あの日、校舎の階段で」もかなりのヤンデレかと
    他には宮緒葵さんの「地獄の果てまで追いかける」は分かりやすいヤンデレだと思う
    剛しいらさんの「天使は罪とたわむれる」「匣男」とか

    • 名もなき乙女
    • 2013年 12月 13日

    どれとは言わないけど、ただ俺様系ドSがお金使って受けを監禁→陵辱のSMごっこ
    してる内容でヤンデレ攻めとか言われるとちょっと疑問だ
    リアルに考えればそんな人物おかしいんだけど、あまりにも昔からあるBLテンプレだからw

    • 麗藤ちよこ
    • 2014年 9月 02日

    ヤンデレの定義がよくわかりません><。

    病むほどに相手を好きでイタタな行動をしてしまうんだけど
    結局デレてしまう執着攻めのコトかしら?^^

    今ぱっと思い出したのは高尾理一さんの「黒太子の純情」と
    水原とほるさんの「春の泥」でした。

    どっちも監禁アリ、ムリヤリ要素アリ・・・ですが
    結局攻めをそこまで追い詰めてしまった自分にも非がある、と許すカタチで甘めの結末であるのが私の好みでした♪

    「黒太子」は甘甘、「春の泥」はほろ苦い甘さ・・・かな?(弟×兄の近親要素あり)

    吉田珠姫さんの「鬼畜」は病みというかコワレすぎててダメでした><。人間としてどうよ?と。

    レイプ描写にも言えるけど受け以上に攻めが辛い思いをしてたり
    罪滅ぼしで恐縮するほどの献身!・・・をしてくれないと女性読者の多くは引いちゃうんじゃないかなあ?

    • 名もなき乙女
    • 2014年 11月 30日

    うおー参考になります

    沢山のヤンデレ攻めの小説の紹介ありがとう!

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

(コメントの反映まで15分ほど掛かる事があります)

関連記事

News Topics

[showrss]

Twitter

Twitterボタン