【抽選応募:9/12まで】和光大学ジェンダーフォーラム市民講座 中村明日美子×溝口彰子(聞き手)「BL的想像力の変容〜欲望、表現、そして社会へ」

キャプチャ

 

 

 

同級生』シリーズなどで多くの支持を集める漫画家・中村明日美子さん(和光大学出身)をお迎えし、トークイベントが開催されます。
聞き手は『BL進化論 ボーイズラブが社会を動かす』でBL評論の新たな地平を開いた溝口彰子さん(和光大学非常勤講師)です。
ボーイズラブというジャンルで起こっている変化をめぐって存分に語ってくさいます。

 

 

和光大学ジェンダーフォーラム市民講座
中村明日美子×溝口彰子(聞き手)「BL的想像力の変容〜欲望、表現、そして社会へ」

 

 

■日時:2016年10月15日(土) 13:30〜16:00(13:00開場)

 

■場所:和光大学 E-101教室 (キャンパスマップはこちら)
〒195-8585東京都町田市金井町2160
小田急線鶴川駅より徒歩約15分
⇒大学までのアクセスはこちらをご覧ください。
当日は、スクールバス臨時便を運行いたします。臨時便についてはこちらをご覧ください。

 

■定員:250名
■参加費:無料

■応募期間:2016年9月1日(木)〜12日(月)※必着

■申込方法 ※学外の方、学内の方で申込方法が異なりますので、ご注意ください。

 

【学外の方】
往復はがきにてお申し込みください。

 

詳細はこちらから

 

 

【登壇者プロフィール】

 

  • 同級生 (EDGE COMIX)
    中村 明日美子(なかむら あすみこ):
    和光大学在学中の2000年、第3回エロティクスマンガ賞(太田出版)で佳作を受賞しデビュー。2006年に「OPERA」(茜新社)にて連載を開始した初のBL作品『同級生』シリーズ(2008〜2014)の6作品は、「このBLがやばい!」(宙出版)にて全て1位を獲得。2016年2月にはアニメ『同級生』が劇場公開され、BL愛好者のみならずアニメファンにも高評価を得た。『同級生』シリーズは、本イベントの聞き手でもある溝口彰子がホモフォビアを乗り越えるポテンシャルをもつ「進化形BL」と評した作品である。『ノケモノと花嫁』(ジェイ・インターナショナル)、『君曜日』(白泉社)など非BL作品も連載中。
  • BL進化論 ボーイズラブが社会を動かす
    溝口 彰子(みぞぐち あきこ):
    大学卒業後、ファッション、アート関係の職につき、同時にレズビアンとしてのコミュニティ活動も展開。1998年NY州ロチェスター大学大学院に留学、クィア理論との出会いから、自身のアイデンティティのルーツがBL(の祖先である「24年組」の「美少年マンガ」)であることに気づき、BLと女性のセクシュアリティーズをテーマにPhD(博士号)取得。2015年に初の単著となる『BL進化論〜ボーイズラブが社会を動かす』(太田出版)を上梓し、中村明日美子が描き下ろした表紙のイラストとともに大きな話題となった。和光大学にて「セクシュアリティをめぐる諸問題A」を担当。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

(コメントの反映まで15分ほど掛かる事があります)

関連記事

ピックアップ記事

2016-1-22

【素材】学校 風景/写真加工/小説表紙

News Topics

[showrss]

Twitter

Twitterボタン