3800万PV超えのWEB発BLノベル界屈指の傑作がついに2ヶ月連続発売決定!「緑土なす 黄金の王と杖と灰色狼」3月17日発売!

 

 

3800万PV超えのWEB発BLノベル界屈指の傑作がついに2ヶ月連続発売決定!「緑土なす 黄金の王と杖と灰色狼」3月17日発売!
書き下ろし収録で上下巻発売!下巻は4月19日発売
株式会社リブレより、誰もが認めるWEB発BLノベル界屈指の傑作「緑土(りょくど)なす」をついに書籍化!

 

国土に緑をもたらす最後の王と、山奥で野人のように暮らしていた男の恋、そしてふたりを護る王族命の家臣一族「灰色狼」の物語。 WEBサイトでは160Pを超えるためし読みを公開中★

 

 

STORY

山奥で野人のように暮らしていた”足弱”は、生まれて初めて上京した都で、千年続く王朝の最後の王である今世王レシェイヌの庶子の”兄上さま”だと発見され、宮殿に保護される。
国土に緑をもたらす奇跡の力を持つ王族は、血族しか愛せない宿命。
しかし、十数年前の流行病により、今や生き残っているのは今世王レシェイヌただひとりだった。
孤独のために死にかけていた今世王は、ようやく発見した最後の血族である足弱に夢中ですがりつき、ひたすら愛を捧げる。
そして、王族命の家臣一族「灰色狼」もまた、真綿に包むように足弱の世話をし、尽くそうとする。
自分が王族だとは思えない足弱にはそのすべてが困惑のもとで、耐えられず、ついに宮殿をあとにしようとするが……。

 

 

人物紹介

  • 足弱(ラフォスエヌ)
    「おれは、お前の、兄じゃない!」山奥で野人のように暮らしていた男
  • 今世王(レシェイヌ)
    「兄上がお可愛らしくて我慢の限界だ」国土に緑をもたらす異能をもつ、ラセイヌ王朝最後の王

 

 

商品情報

 

上巻タイトル:「緑土なす 黄金の王と杖と灰色狼

緑土なす 黄金の王と杖と灰色狼
著:みやしろちうこ
イラスト:user
発売:2017年3月17日
価格:1300円+税
仕様:四六判
書き下ろし:宮殿に来たばかりの足弱を、侍従長の灰色狼<命>の視点で描く「いつもお側に」を書き下ろし!
■書店別特典
アニメイト:書き下ろし小説ペーパー「<光臨>が弟への嫉妬をやめた日 」
コミコミスタジオ:書き下ろし小説ペーパー「 <星>大いに語る 」
有隣堂:書き下ろし小説ペーパー「ポウと小豆団子とその後」

 

 

●下巻タイトル:「 緑土なす きみ抱きて大地に還る
著:みやしろちうこ
イラスト:user
発売:2017年4月19日
価格:1300円+税
仕様:四六判
書き下ろし:今世王と足弱、灰色狼たちのその後を描く「祝詞(ほぎごと)にて若葉に命ずる」を書き下ろし!
■書店別特典
アニメイト:限定書き下ろし小説ペーパー「<光臨>主人の帰りを待つ」

 

 

WEB&Twitter

 

●緑土なす公式WEBページ
http://www.b-boy.jp/special/ryokudo/

●ビーボーイ編集部Twitter @bboy_editor

 

(c)Chiuko Miyashiro/libre 2017

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

(コメントの反映まで15分ほど掛かる事があります)

関連記事

News Topics

[showrss]

Twitter

Twitterボタン