デジタル化セット


【発売情報】8月20日発売のBL【小説2冊】高月紅葉、雛宮さゆら


発売情報
 

 

 

過去の発売予定はこちら

発売日以前にAmazonや、一部書店では手に入ることもあります。
(完全網羅ではない可能性アリ)

また、発売日の変更等により、書店に並ぶ日が変わることもあります。

※発売日の変更や単純な間違いがある場合があります。

コメントやTwitter・メールでお気軽にご指摘ください。

 

 

 

+■+□+■+□+ 小説 +□+■+□+■+

 

 

 

  • 孕ませの神剣~碧眼の閨事~ (ラルーナ文庫)
    八十矛神社に代々伝わる憑き物落としの神剣・獅子吼――社家である平坂家次男の保穂は、行方知れずのその神剣を探し求めていた。
    四歳の甥、壱太郎にかけられた呪いを解くためにも…。
    そんな折、獅子吼が骨董商を経て外国人貿易商コンラートの手に渡ったという話を耳にし、保穂はコンラートのもとを訪れるのだが…。
    色好みと評判のコンラートは獅子吼の奉納を乞う保穂に、七日間続けて会いに来るようにと弄ぶような条件を出し…。
  • ふたりの花嫁王子 (ラルーナ文庫)
    恐ろしい女神が産んだという国――壽国。国を治める若き女帝玲蘭には殺された双子の姉、羿桾の魂が取り憑いており、弟王子の雪凛と李燕は、その残忍な羿桾の魂をなんとか滅しようと苦慮していた。
    そんな王子たち…お姫様気質の兄・雪凛には、絶対服従を誓う奴隷の歐芳が、そして十八になったばかりの気弱な弟・李燕には、隣国から流れついた術士で、身も心も李燕を支配している慧敏が、それぞれ下僕として仕えていたが…。

 

 

 

過去の発売予定はこちら

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

(コメントの反映まで15分ほど掛かる事があります)

関連記事

News Topics

[showrss]

Twitter

Twitterボタン