デジタル化セット


【話題】大河がまさかのBL展開!? 黒田官兵衛の知られざる男色秘話

kurokan01

 今年のNHK大河ドラマ『軍師官兵衛』で取り上げられる黒田官兵衛は、“人は殺すよりも使え”という考えの冷徹で優秀な軍師だったそう。そして、岡田准一演じるこの官兵衛は、豊臣秀吉の側近として彼の天下統一に貢献。負け知らずの戦の天才として、秀吉だけでなく織田信長や徳川家康からも一目置かれていた。しかし、敬虔なクリスチャンでもあった彼は、側室も持たず、妻一筋の誠実な男だったと言われている。そんな黒田官兵衛にも、実は男色の逸話があるのだ。その逸話が紹介されているのは、12月7日に発売された『戦国武将と男色―知られざる「武家衆道」の盛衰史』(乃至政彦/洋泉社)。

 

戦国武将と男色―知られざる「武家衆道」の盛衰史 (歴史新書y)

 

 この本に登場する『陰徳太平記』によると、安芸毛利家の重臣である吉川家当主元長が亡くなったとき、誰が跡を継ぐのかの話し合いが行われたそう。元長には息子がいなかったが、2人の弟がいた。そのなかで、下の弟である経言を推すために家中の者が相談した相手が黒田官兵衛なのだ。「容貌美麗」な経言と黒田官兵衛は、「水魚雲龍の約」を結んでおり「裁袖余桃」の関係にあったそう。この「水魚雲龍の約」とは「水と魚」「雲と龍」のように切っても切れない関係を表しており、「裁袖」は「起きなければいけない用事ができたが、腕枕をしている男の愛人が起きるとかわいそうなので、袖を断ってそこを離れた」という中国の故事に由来する。同じく、「余桃」も「桃園で男の愛人が同じ桃を主君とともにかじりあった」という故事に由来している。この『陰徳太平記』は、作者である香川宣阿が元になった『陰徳記』を「自分の主観をもって書き換えた軍記」と書かれているので、実際に男色関係にあったかどうかは定かではない。しかし、これだけまわりに頼りにされていた官兵衛なら、そんな話のひとつやふたつあってもおかしくはないのかもしれない。

 

 また、黒田官兵衛には長政という息子が1人いるのだが、彼にも男色の話がある。長政には、「寵童」として愛されたハツこと黒田美作という家士がいた。美作は官兵衛の養子となり、長政の弟分としてかわいがられていたのだが、これだけでは男色関係だったかどうかはわからない。しかし、贔屓されていたことは間違いないようで、それを快く思わない家臣もいたようだ。また、城井一族との退却戦で長政の鮮やかな猩々緋の陣羽織を代わりに羽織り、自ら「黒田吉兵衛長政なり」と名乗りながら敵兵に斬り込んで討ち死にした大野小弁という少年もいたらしい

 

 さらに、大の女好きとして有名な豊臣秀吉にも、実は男色趣味があったという異聞がある。そのひとつは、彼の側近である石田三成が男色の寵愛を受けて出世したという『石田軍記』。でも、これは「家康公に楯突いた三成を非難し、人格を貶める内容」となっているので、史書と言うよりは文学作品に近いらしい。ふたつめは『陰徳太平記』。ここでは、秀吉に「男色美麗」に「耽る心」があったと書かれている。そして、みっつめが『太閤記』やさまざまなところで見られる、主君である織田信長の息子・信忠と肉体関係にあったというもの。だが、『太閤記』と言われる文献は数多く、代表的な『甫庵太閤記』や『川角太閤記』といった初期のものにそういう記録は見られないとのことなので、秀吉の男色話について断言できるだけの確かな史料はないようだ。

 

 なかには、伊達政宗と只野作十郎や片倉小十郎重綱のように、当時の書状や子孫の記録によって残っているものもあるが、やはり男色だと噂されるもののなかには、かわいがっていた程度で、後の二次史料によって男色像がつくられていったものもたくさんあるよう。でも、そう考えると、大昔から仲のいいイケメンを見て妄想を膨らませる腐女子のような人がいたということかもしれない。

 

文=小里樹


引用元:http://ddnavi.com/news/179273/

Twitter上の反応

 これ買ったら歴史の勉強になるかな、どうかな…

 
かんべえさん、男色もいけたらしいっすよ。その辺じっくりやってほしいですねー。軍師、最強のNo.2。まさにゾロ。
 
男色は当時は普通よね 戦場に女は連れて行けないし
 
ま、マジすか。いきなり大河が気になり始める
 
言い切ると錯乱するファンがいるから、かなりぬるりと躱した鰻のような文章であるな
まさかも何も、戦国武将に関するこのテの話は極々フツーなんだけどねw 現代の感覚で当時のアタリマエを云々言われてもなぁ(^^;;


広家くんじゃろ、と思ったらやっぱり広家くんだった


なん…だと…!?


裁袖っていいですな~情緒があって(´ー、`)


BL展開だと?私を釣ろうとしてるのか?だが、私が好きなのは「阿部さん」なんだZE、もう「青いツナギでベンチ」しか出て来ないんだZE←

大河はすでにやっているよねBL展開(笑)


 ということで、過去に話題になった「平清盛」について補足

「平清盛」14話/〜山本耕史と大東駿介のBLシーン!》さんより抜粋。

松ケンを蹴落とすために、大東駿介を利用する山本耕史。
家に招き酒を飲ますまでは良かったが、その後なんと寝所に連れ込んで押し倒した!
「平安時代に(江戸時代も・・)男色は割と盛んだった」とは古典学者の間ではそこそこ有名らしいが、まさか濡れ場シーンをゴールデンで放送するとは!(しかも2回も)
今年の大河はスゴく攻めてる!(そこがイイ)

しかも山本耕史が巧いのかノって演技してるのか、ベッドへの連れ込みシーンのニヤリ顔がコワい。

無題

さすがにホントのベッドシーンは御簾でぼかしてたけど・・・

全文を読む方は下記の個人ブログへどうぞ
「平清盛」14話/〜山本耕史と大東駿介のBLシーン!


引用元:http://ameblo.jp/axmagnolia/entry-11217071529.html

そういう時代だもの
当時から腐女子的存在はいたのかも

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

(コメントの反映まで15分ほど掛かる事があります)

関連記事

News Topics

[showrss]

Twitter

Twitterボタン